中国正義オブザーバー

中司观検査

英語アラビア語中国語(簡体字)オランダ語フランス語ドイツ語ヒンディー語イタリア語日本語韓国語ポルトガル語ロシア語スペイン語スウェーデン語ヘブライ語インドネシア語ベトナム語タイ語トルコ語マレー語

中国が多国間BEPS条約を批准

19年2022月XNUMX日月曜日
カテゴリー: 中国の法的動向
エディタ: BeixianDeng邓贝纤

5 年 2022 月 XNUMX 日、中国の国家税務総局は、 「『税源浸食および利益移転を防止するための租税条約関連措置を実施するための多国間条約』の発効および特定の租税条約への適用に関する発表」多边公约>我国生效および部分税收协定開始适用公告).

25 年 2022 月 1 日、国務院の承認に基づき、中国は税源浸食および利益移転を防止するための租税条約関連措置を実施するための多国間条約 (以下、「条約」) の承認書を国連事務総長に寄託した。条約の寄託機関である経済協力開発 (OECD)。 この条約は、中国に対して 2022 年 XNUMX 月 XNUMX 日に発効しました。

G20 のマンデートに基づいて OECD によって策定されたこの条約は、既存の二国間租税条約に一連の改正を導入し、税源浸食と利益移転に関する行動計画 (BEPS) の租税条約関連のイニシアチブを実施することを目的としています。

この条約は、中国が署名した 47 の租税条約に適用されます。 中国での発効日は、 第 35 条 – 発効 条約の。

30 年 2022 月 97 日現在、中国を含む XNUMX の国または地域が条約に署名しています。

 

 

カバー写真 林張 Unsplashで

貢献者: CJOスタッフ貢献者チーム

PDFとして保存

あなたはおそらくそれも好きでしょう